TOP
51.10score

とりせい

スポンサーKataribe

雨季にしかできないことをしよう。雨の日を楽しく過ごすコツ

6月は梅雨の時期。湿気の程度に差はあれど日本全国北から南まで、どんよりした天気になりがちなのが残念なところ。
しかし、天気を嘆いても仕方がありません。
雨季にしかできないことを楽しみ、少しでも明るく過ごせる工夫をしませんか。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

雨の日を楽しむコツを3つご紹介します。

1.読書をする
小説や資格試験の本、自己啓発の本、なんなら漫画でもいいですよね。
雨の音に包まれながらどっぷり読書に励むのもありです。

2.傘や長靴、レインコートを楽しむ
台風の時期にも活躍するこれらのレインアイテム。体が濡れると体力を奪われますので、完全防水のマウンテンパーカーかポンチョをまとうのもおすすめです。晴れの日には長靴は履きづらいですし、雨の日の特権ですね。

3.夏の計画を立てる
これから来る夏に向けて、資金を貯めたり、どこへ行くか計画を練りましょう!
仲間の予定を調整するために連絡を取るのもいいですね。利用施設によっては予約も必要でしょうから、動ける時期にやっておくと後々の負担が軽くなります。

雨の日も嫌なことばかりではありません。面倒臭いお誘いは雨のせいにして断れますし。
梅雨は夏を迎えるための通過点です。
自分なりの楽しさを見つけて、乗り切っちゃいましょう。

.

最終更新日:2017-06-04 12:40

コメント (0)